世界各地で通じるスペイン語を学ぼう

スペイン語は世界中で話されている言語の一つで、日本人が語学として学ぶには良い言語ですし、これからも必要です。



世界各地で通じるスペイン語を学ぼう

語学としてのスペイン語は大切です

世界各地で通じるスペイン語を学ぼう
近年では外国旅行をする人も多くなってきていますが、観光客が多い国と言えば、まずフランスが挙げられます。その次に多い国としてはスペインです。スペインと言えば闘牛やフラメンコを思い浮かべる人も多いはずです。使われている言語はスペイン語です。これはフランス語などに比べれば、語学として知名度が低い感じもします。しかし実際にはこの言語を使用している国は多いのです。と言うより人口が多いと言ったほうが良いでしょうか。それは世界の人口で言っても英語、中国語に次いで3番目に多いのです。また国際連合においても公用語の一つとして使用されています。そして国としては、スペインはもちろんのこと、北米のメキシコや南米のペルーなど20以上の国や地域が公用語にしています。また大国の米国でも多くの人が、スペイン語を話します。そしてここでは、英語に次いで第2の言語と言って良く、その数は益々増えているのが現状です。

スペイン語を公用語にしている国は日本の友好国が多いです。ですから語学としてのスペインン語を学ぶことは、観光はもちろんのこと、日本の貿易や産業発展のためにも大切と言って良いでしょう。そのために大学では、これの学科を設けている外国学部も多く見られます。民間の語学学校でもスペイン語を学習するところは、英語や中国語に交じって多く見られます。私は実際に学んだことがありますが、難しいと思った点と、簡単と思った点があります。まず簡単と思ったのは発音です。ほとんどローマ字読みの感じですから、だいたいの文章は、少し勉強しただけで、発音することができるようになります。またその響きも日本人には好印象に聞こえると思います。難しかった点は、欧州の言語に多いのですが、男性、女性名詞があることです。そして、それに伴う形容詞や冠詞もそれぞれ、男性、女性があり、それを合わせなければなりません。ですが、それも慣れれば苦にならないと言う人もいます。いずれにしてもスペイン語は世界中で話される言語の一つと言って良く、日本人が話せることで損をすることはありませんし、これからどんどんその必要性は高まっていくと考えて良いです。

おすすめ情報

Copyright (C)2014世界各地で通じるスペイン語を学ぼう.All rights reserved.